便秘解消法-朝が重要




朝食

仕事や付き合いが忙しく、朝起きて朝食も摂らずに出勤という人が多いようです。
朝起きてすぐは食欲がないという人も多いかもわかりませんが、
朝食抜きは便秘の大きな原因となってしまいます。
便秘解消法のためですので、まずは朝食を摂る習慣をつけましょう。

朝起きてしばらくすれば自然とお腹が空いてくるものですが、
ここで食欲がわかないと言う人は、前日の遅い時間に食事をした影響なのかもしれません。

このような人は、きちんと朝食を摂るため生活リズムを整えるためにも早めに寝ることから始める必要があります。

いつもより早く起きれば朝食も摂れ、それにより胃腸も動き始めます。
朝食が済んでしばらくすれば便意が起きてくるものですので、
1時間以上ゆとりを持って起きたいものです。

朝は忙しくて料理する時間がないという人は、
前日のうちに準備をしておけば、朝は温めるだけで済みますから時間もかかりません。
パンとコーヒーだけではなく、野菜やフルーツ、目玉焼きなども添えたいですね。

生活リズムを整え朝食をしっかり摂ることは、便秘解消にとても有効な方法です。


朝一杯の水を飲む

朝起きたら、まず冷たい水を一杯飲むことを習慣にしている人もいると思いますが、
朝に一杯の水分を飲むことは便秘解消法としても有効です。

朝冷たい水を飲むと、体に水が入るという刺激とともに、冷たい刺激も加わって
2つの効果が期待できます。

一つは腸を刺激してぜん動運動を促す効果と、
もう一つは、水分が補給されることで便が柔らかくなりお通じがスムーズになるという効果です。


朝起きて空腹状態の胃袋に冷たい水を入り込むことで胃が動き始め、
胃反射や大腸反射が起こり、腸のぜん動運動を活発にしてくれます。

胃、大腸反射は胃袋が空の状態の時にもっとも起こり易く、朝起きた直後が効果的です。

また、水でなく牛乳でも効果があります。
牛乳には水にはない下剤の効果もあるため、水では効果が感じられないという人は、
牛乳で試してみても良いかと思います。

しかし、水を飲んでも便秘解消には、食事の量がしっかり取れていることが前提になります。
朝に水を飲んで胃腸が活発に働いても、朝食を摂らずに出かけてしまっては便意も起こりませんので
水を飲んだ後に食事をしっかりとる必要があります。

けいれん性の便秘の人は、冷たい水でなくお湯かホットミルクがお勧めです。


朝は余裕をもって

今まで朝食抜きで過ごしていた人が、朝食を摂るようになると、
朝のうちに便意が起こってくるようになると思います。
この機会を逃してしまうと、また直腸性の便秘になりかねませんし、
朝食をとった後すぐに出かけるのは消化のためにもよくありません。

ですので、できるだけ出かける前に排便を済ませる習慣をつけることが大切です。

このときに時間に追われて我慢してしまうと、だんだん便意を感じない体になってしまいますので、
便意をもよおすまでの時間を十分に確保できるよう余裕を持つようにしましょう。
これが何よりの便秘解消法です。


体操

朝の体操は体を目覚めさせ、内臓の働きも促しますので便秘解消にはとても効果があります。
朝起きて寝床の中で体をひねるなどの軽いストレッチ程度でも構いませんし、
時間に余裕のある人は軽い運動などできれば便秘解消には理想的です。



Page Top



この改行は必要→