整腸作用で便秘解消

便秘解消に役立つ整腸作用のある食べ物

「腸活」でスッキリしませんか!?

整腸作用のある食べ物で便秘解消

便秘解消-整腸作用のあるニンニクニンニクが体に良いことはよく知られていますが、ニンニクは疲労回復だけでなく、不眠症の改善や生活習慣病の予防、そして便秘解消法にも効果があるのだそうです。

におい成分であるアリシンが、腸のぜん動運動を活発にするだけでなく、腸内のビフィズス菌を増やすこともできます。
体に良いからと食べ過ぎてしまうと体に負担をかけてしまいますので、毎日食べる場合は、1日1欠け程度にしたほうがよいでしょう。

便秘解消-整腸作用のあるリンゴりんごも整腸作用があります。
りんごに含まれるペクチンやりんご酸は、腸を刺激してぜん動運動を高める効果がありますが、果物全般に含まれる果糖にも効果があります。
りんごの皮には食物繊維であるペクチンが多く含まれていますので、りんごを食べる場合には皮ごと食べたほうが便秘解消効果が高くなります。

りんごは、皮ごとすりおろし、ヨーグルトと混ぜて朝食に食べるとさらに効果的です。
因みに、下痢の時には皮は食べないほうがよいです。

ヨーグルトで便秘解消

便秘解消効果のある食べ物としてヨーグルトを食べている人も多いと思います。
ヨーグルトが便秘解消に有効な理由は、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やす手伝いをするからです。
ビフィズス菌は、腸のぜん動運動を活発にする働きがあるだけでなく悪玉菌を抑制したり、体の免疫力を高める、がんを予防するなどの働きがあります。

健康な腸は、善玉菌などの乳酸菌が優勢になっていることで保たれていますが、乳酸菌の寿命は短いため、毎日ヨーグルトを食べ続けることが大切になります。
しかし、朝食をヨーグルトだけして食事量が減ってしまうと、便を十分に作ることが出来なくなってしまいますので、あくまでヨーグルトは、きちんと食事をした上で加えて食べるというようにしてください。

乳製品が苦手という人は、粉末状のビフィズス菌も発売されていますので、これらの健康食品を利用するのもひとつの方法です。

オリゴ糖で便秘解消

便秘解消法としては、毎日ヨーグルトを食べてお腹の中のビフィズス菌を増やすという方法はお話しましたが、ビフィズス菌を増やす方法としては、オリゴ糖を摂るのも有効です。
オリゴ糖は、胃や小腸で消化されず大腸まで届き、ビフィズス菌の餌になります。

身近な食材にも含まれていますので積極的に取り入れてみてください。
オリゴ糖が含まれている食材としては、ネギや納豆、ゴボウやタマネギ、大豆、バナナ、アスパラガスにもオリゴ糖が多く含まれています。
オリゴ糖はヨーグルトと一緒に摂ると一層効果的です。
オリゴ糖や食物繊維が含まれたおやつとしておすすめなのが、寒天みつ豆や甘栗、アロエヨーグルト(甘味料としてオリゴ糖が加えられています)
飲み物ではココアがお勧めで、カップ1杯に食物繊維が約2グラムも含まれています。

オリゴ糖は、ヨーグルトと共に特定保健用食品としても数多く登場していますし、便秘解消のため積極敵に取り入れてみてください。

梅干し

ビフィズス菌を増やす働きもある梅干しは、
クエン酸を含むことから胃だけでなく腸も刺激する作用があり、
腸のぜん動運動を活発にしてくれるため便秘解消法の効果があります。
しかし、梅干しは塩分を多く含んでいますので食べ過ぎには注意が必要ですし、
空腹時に食べると、胃腸などの消化器官が荒れてしまう恐れがあります。