デトックスで排出すべき毒素




デトックスは、体内に蓄積された毒素を取り除く健康法ですが、
毒素とは具体的にどのようなものを指すのでしょうか?

日常生活をしていて、体の中に悪い物が入り込んでいるという自覚がある人は、
あまりいないかと思います。
毒素は、毎日とっている食事や飲料水、吸い込んでいる空気の中にも有害物質が含まれていて、
自覚のないまま体内に取り込まれています。

毒素と呼ばれる物質の多くは、
有害ミネラルとして新陳代謝や良性の物質の形成に関与する必須ミネラルの働きを邪魔する物質です。

では、実際に体内に毒素が体内に入ってしまった場合、身体はどうなってしまうのでしょう?
毎日の生活の中で、それを自覚する可能性はあまりないと言えます。


体内に取り込まれた毒素は、
少量でも蓄積され続けることで体に悪影響を及ぼすようになってしまう可能性があるのです。

有害ミネラルの中でもアルミニウムは、鍋やフライパン、アルミホイルとして使われていたり、
歯磨き粉や胃腸薬の中の成分として含まれていたりと体内に取り込まれる頻度が高い物質です。

鍋やフライパンに使われているアルミニウムは、
加熱調理の際に鍋から剥離し、食品に付着することで体内に取り込まれてしまいます。

アルミニウムが体内に過剰に蓄積されてしまうと、食欲不振を引き起こす可能性があり、
息切れや筋肉痛、ひどい場合には胃腸障害や胃痙攣といった症状に見舞われる可能性もあります。

たとえ食欲不振などの自覚症状があったとしても、その原因をアルミニウムの過剰摂取によるものだと疑って考える人はまずいないと思いますので、日常的にデトックスを行っておく事が重要です。

デトックスの対象となる毒素として次にあげられるのは、です。

鉛が体に取り込まれてしまう要因はたくさんあります。
例えば、鉛はガソリン、陶器、絵の具、ヘアダイといった物に含まれているため、
これらのものに触れたり、体に付着した状態から誤って口内に入りこんでしまう事もありますが、
最も多い要因は、古い水道管から剥離した鉛が水道水を通して体の中に入ってしまう場合です。

鉛が過剰に体内に蓄積されると、貧血やめまい、頭痛、筋肉や骨の痛みなどの症状が表れます。
これらの症状も、鉛が過剰に摂取されて起きたものか、他の病気によるものなのかの区別がつきにくいため定期的にデトックスを行い、予防する事が必要です。

有害物質として怖い毒素は水銀やヒ素です。
これらの物質は、既に身体には良くない、有害物質であるという認識は結構されているかと思います。
水俣病などのような病気も有名ですよね。

過剰な水銀やヒ素の摂取は非常に危険ですが、同時に体内に知らない間に溜まっていく場合も危険です。
水銀
による影響としては水俣病が有名ですが、
工場から流れでた汚水などによって汚染された魚介類を食べることで体に蓄積されていってしまいます。
また、農薬を使った野菜、化粧品や銀歯からも摂取されるため、
日常生活と密接に関係するものからの体に取り込まれてしまう可能性があります。

水銀による健康障害としては、鬱や情緒不安定など精神面での症状が多く表れ、
皮膚炎やしびれなどの症状が発生する場合があります。

ヒ素
は殺虫剤や除草剤から摂取されます。 殺虫剤や除草剤が多く使われた生産物を食べ足り、
散布時に皮膚を通して体内にヒ素が入り込んでしまうので注意が必要です。

ヒ素を含む水を長期間飲み続けた場合の影響としては、
手掌足底の角化、末梢血管の障害、貧血、呼吸器などへの影響が表れます。
手足の皮膚の角質化は、老化による現象と区別が難しく,数十年かけてがんに進行するとのことです。

カドミウムやニッケルといった毒素は、喫煙と大きく関係しています。
これらを排出させるのがデトックスの大きな役目ともいえます。

カドミウム
は、脱毛や貧血、高血圧、食欲不振などの原因となる物質で、
喫煙や排気ガスなどによって体内に取り込まれてしまいます。

過度の喫煙によって摂取される量は、許容範囲を大きく超えてしまい、
抜け毛や血液の流れを悪くする原因になっています。

ニッケル
も喫煙によって摂取されますが、マーガリンに含まれていることでも有名です。

ニッケルの過剰摂取による健康障害としては、
無気力、不眠、疲労感などで、下痢や皮膚炎になる人もいます。

カドミウムやニッケルは、喫煙している限りどんどん毒素を蓄積していってしまい、
デトックスを行なっても毒素が完全に抜ける事はありません。




Page Top



この改行は必要→