中国茶ダイエット



中国茶は主に茶葉を発酵させて作られており、発酵度によって分類されています

緑茶(無発酵)→白茶(弱発酵)→黄茶(弱後発酵)→青茶=烏龍茶(半発酵)鉄観音茶など→紅茶(完全発酵)→黒茶(後発酵)プーアール茶など

因みに中国で飲まれるお茶の8割は緑茶だそうです
それ以外に
・花茶  ジャスミン茶など   ・茶外茶  苦丁茶(青山緑水)

中国茶ダイエットとは
杜仲茶やウーロン茶、プーアール茶などの
脂肪燃焼を促進する作用を持つお茶を飲むというもの。 
利尿作用もあります

中国茶の中でもプーアール茶は脂肪を溜め込まない効果が一番高いそうです

プーアール茶(黒茶)は菌の力で発酵させる『後醗酵茶』
 生茶と熟茶があり、生茶は緑茶をそのまま寝かせたもの、熟茶は菌を発生させて
 発酵を促しつくられるものです
 摂取した脂肪分を体が吸収する前に体外に排出する作用があります
烏龍茶は烏龍茶ポリフェノールが含まれていて、血液中の中性脂肪を減少させる
 ことによって、生活習慣病の予防に効果あるといわれています

杜仲茶は薬用植物「杜仲」の葉からつくられるお茶です
  体内の脂肪を減少させたり、血圧を下げる効果があります
                       
黒豆茶
 黒豆の皮の黒色は、ポリフェノールの一種であるアントシアニンと呼ばれる色素で、
 ブルーベリーや赤ワインなどにも含まれています。血液をサラサラにしたり、
 体脂肪を付きにくくする、肥満予防の働きがあると言われます。

黒豆の胚芽部分にはイソフラボンも含まれおり、エストロゲンの効果で更年期障害の
 諸症状を緩和したり、高血圧や肥満などの生活習慣病を防いでくれます
 また、利尿作用に優れ、毒素を体外に排出してくれる事から肌荒れやむくみも
 解消すると言われています



Page Top



この改行は必要→