チョコレートダイエット



チョコレートの効果
カカオポリフェノールの働きで過食と空腹感を抑えることができ、
基礎代謝をアップさせ、食物繊維が豊富なことからダイエット効果も期待できます

カカオに含まれるカカオポリフェノールは、
体内に吸収されるとレプチンとアディポネクチンをつくり出します。


レプチン
レプチンの量が増えると、食欲が抑えられて摂取カロリーを減らすことができます。
レプチンは脳で満腹中枢を刺激しますので、満腹感が生まれ食べすぎを抑えてくれます

アディポネクチン
アディポネクチンは、身体の中で糖の代謝を円滑にしてくれますので、
血糖値が上がっている状態を改善してくれます

レプチンとアディポネクチンの2つの物質が食欲を抑えるので、食前のチョコレートは効果的です

カカオポリフェノールには、痩せるという効果意外にも
基礎代謝をアップさせるという働きがあります


チョコレートの正しい食べ方
カカオ70%以上のビターチョコを、1日50グラムを目安に、朝、昼、晩の
3回食前に摂取すること。

カカオポリフェノールの基礎代謝アップ効果は、
もともと代謝が落ちている40歳以上の女性ほど効果的だそうです

注意すること
チョコレート50グラムのカロリーは、ごはん2杯分に匹敵する350kcalもありますので、
消費するにはウォーキングを60分以上するのが必要になりますので食べ過ぎには注意しましょう。

また、カカオに含まれる成分のチラミンが血中に大量に増える事で
血管が収縮、その後、チラミンの減少で血管は急激に拡張。
これによって、頭痛や嘔吐などの弊害が起こりますので注意する必要があります



Page Top



この改行は必要→