コーヒーダイエット






コーヒーに含まれるカフェインとクロロゲン酸には、脂肪燃焼を促進し、痩せ易くするといった効果があります。
 
カフェイン
カフェインは、緑茶やコーヒー、紅茶、ココアなどに含まれています
カフェインには、覚醒作用、解熱鎮痛作用、利尿作用があり、ねむけ、倦怠感、頭痛等に効果があります。
カフェインにより交感神経が刺激され、脂肪が燃え易くなりますが、カフェインには若干の依存性があります

クロロゲン酸
クロロゲン酸には、抗酸化作用がありますが熱に弱いという特徴があります。
  

コーヒーダイエットを行う時に注意すべきこと。
脂肪を燃焼させるためには、ブラックコーヒーを飲む必要があり砂糖を入れてはいけません。
砂糖を入れてしまうと、カフェインとクロロゲン酸の吸収を妨げてしまいダイエット効果が得られなくなってしまいます  

カフェインの作用は、3時間位で消えてしまうのでこまめに飲む必要があります

入浴前や運動前に飲むと効果は高いです
2週間位飲み続けると効果が薄れてきますので一度飲むのを止めましょう


Page Top



この改行は必要→