玄米ダイエット




玄米は良く噛んで食べる必要があるために満腹中枢が満たされ、
食べる量が減る事でダイエットにつながります

玄米は、ビタミンA、B1、B2、C、E、カルシウム、カリウム、マグネシウム、
鉄、ヨウ素などのミネラルと食物繊維を白米よりも多く含んでいるので栄養も豊富です

玄米は白米に比べて消化、吸収に時間がかかるので血糖値の上昇が緩やかになり、
脂肪になりにくいという特性があります


玄米に含まれるダイエットに効果のある成分
ギャバ    
頭をスッキリさせたり、成長ホルモンの分泌も促します
 
イノシトール  
脂肪を肝臓から押し出します
 
フィチン酸   
フィチン酸が糖を吸収し排出するため、血糖値の上昇が白米より抑えられます
 
この3つが有効的に相互作用で働きます。


・ギャバの効果を高める2つの成分
玄米と相性の良いおかずはカツオだそうです。
カツオにはビタミンB6トリプトファンが豊富で脳の中で
癒しのホルモン(セロトニン)を作り出します


発芽玄米
発芽玄米にふくまれるギャバやフィチン酸は、血液中の中性脂肪や肥満の予防と改善に
良い影響を与えます

玄米は消化が悪いために良く噛んで食べる必要がありますが、
含まれる豊富な栄養素を全て身体に取り入れることが出来ない可能性があるそうです。

ヨーグルトを加えた水に浸け置きし、ご飯を炊くと
ギャバが2倍に増え、さらに消化吸収が良くなるそうです

ダイエットをしている人にとって、玄米は摂取カロリーを減らす事が出来、
良い結果に結びつくのですが、含まれる多くのビタミンやミネラルは吸収率
の悪さから身体に取り入れられず、不足してしまいがちになります。

ですので、ビタミン、ミネラルに関しては他の食品やサプリメントで補充する事を
考えた方が良いかもしれません

因みに玄米は病気の人や妊婦さんは控えた方が良いそうです


Page Top



この改行は必要→