一日一快食ダイエット

一日一快食ダイエット

短期集中ダイエット

脳のストレス過剰が肥満の原因

一日一快食ダイエットとは、一日一回は自分が満足しておいしいと思える食事をするというダイエット方法。
適切な食事や運動により痩せるといった従来のダイエット方法で効果の無かった人でも痩せることのできるダイエット方法です。

脳のストレス過剰は脳の働きを悪くしてしまい、肥満を招く原因になっていることから、せめて一日一回は心の底から満足出来る食事をする。
一日一快食ダイエットは、いわば快感を得ることが痩せることにつながるということをダイエットの原則としています。

一日一快食ダイエットは、朝食や昼食にある程度の制限を設け、一快食への喜び、食べる喜びにつなげることで快感を得るというものですが、その制限とは?

一日一快食の3原則

・体のために良い物でも好きでない物は食べない。
・体のためには悪い物でも好きな物は食べてよい。
・体のために良い物で、自分も好きな物を食べる。

・朝食は水分中心に。
・昼食は日本食を中心に軽めに →夕食の事を考えて期待を膨らます事。
・夕食は出来れば日本食が良いのですが、満足出来るように食べて脳を充分に満足させる。

間食は紅茶、りんご、パンやケーキなど、ごく軽くであればOK。

食事とストレスについて

食事とストレスには密接な関係があります。
ストレスの多い人の食生活をみると、偏食や不規則な食事、欠食などの人が多いようです。
また、食事は楽しむ雰囲気で摂ることが良いと言われていますが、これは胃の消化吸収を良くする作用があるからで体力作りにも関係しています。
過食してしまうと摂り過ぎて余ったエネルギーがストレスに転換されてしまいますし、小食によりエネルギーが不足してしまうと健康な体を維持できなくなり体調を崩してしまうことでストレスに弱くなっていきます。

太る原因にもなっているストレスですが、ダイエットで痩せるためには自分自身の受け止め方を変えてみるのも一つの方法です。

方法としては
・完璧を目指さない。
・物事をプラス思考で考える。
・過去にこだわらない。
・人と比較しない。
・適度な休息をとる。
・毎日自分自身の時間を持つ。

ストレスは現代社会では避けて通れないものですが、これらの対処法で少なくすることが可能かもしれません、試してみてください。