豆乳ダイエット



豆乳ダイエットとは?

豆乳ダイエットは、豆乳を食事の前に飲むだけという、とても簡単なダイエット方法です。

豆乳は、 豆腐のような固形の食材と比べて栄養の吸収効率が良く、高タンパクで低コレステロールのため、ダイエットにも有効な働きをします。

豆乳の植物性タンパク質には、脂肪を燃焼させる働きがあり、腸内にある糖質や脂肪を余分に吸収させない働きや、善玉コレステロールを増加させる働きもあります。

これらの働きは、便秘の防止に効果的で、過剰な栄養を体内に摂取されるのを防いでくれます。

さらに、大豆に豊富に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンと同じような働きをしてくれるので、女性ホルモンのバランスを整え、肥満防止にも効果的です。

また、基礎代謝を高める働きもあるため、太りにくい体質になったり、たくさん食べた場合でも脂肪が付きにくくなるという効果もあります。
豆乳ダイエットは、現在の体重を減らす効果があるだけでなく、現在の体重以上に増えるのを防いでくれる効果があるのです。

生活が不規則であったり、ダイエットによるストレスでホルモンバランスが崩れ自律神経に問題が発生している人、基礎代謝が下がりぎみの人、中年以降で基礎代謝の下がってきた人は
エネルギー代謝を高めてくれる豆乳を摂るといいです。

豆乳は、食事の30分前に摂取すると効果的で、空腹感を押さえてくれるだけでなく、食事の量を自然に減らすことができるため、ダイエット効果のとても高い食材です。



豆乳ダイエットのメリット

炭水化物抜きダイエットや、置き換えるダイエットは、栄養が偏りがちになり栄養バランスが崩れてしまうことが多いですが、豆乳ダイエットは、栄養バランスに優れており、食事に置き換えることもないので、体にとても優しいダイエットです。
例え、一食を豆乳に置き換えてダイエットしたとしても、栄養が極端に不足することはありません。

ダイエットは、何かと我慢をすることが多く、ストレスで挫折してしまうこともありますが、豆乳ダイエットは食前に飲むだけなので、それまでの食事を変える必要もなく、我慢をする必要もないので簡単に続けられるダイエット方法です。

また豆乳は、スーパーやコンビニエンスストアーなどで、いつでもすぐに手に入るので、特別に準備する必要もありません。

ダイエット中は栄養が偏りがちで、肌荒れになるなど、美容面でのデメリットがいろいろと起こる場合がありますが、豆乳はダイエットの効果だけでなく、美容面でも効果的なメリットがあります。

豆乳ダイエットのデメリット
豆乳ダイエットは、栄養バランスに優れ、体にたくさんの良い効果をもたらしてくれます。
ただ、どんなに体に良い食品だからといって、取り過ぎてはいけません、バランスを考えて摂ることが大切です。
ダイエットに効果的と言われる豆乳に含まれる大豆イソフラボンの1日に摂取しても良いと言われる上限は 70~75mg言われています。

豆乳は、ホルモンのバランスを整える働きをしますが、取り過ぎると女性ホルモンのバランスが逆に崩れやすくなり、月経周期が乱れる場合があるそうです。
大量に摂取すればするほど、より良い効果が現れるわけではありません。
女性ホルモンに影響を与えるということですので、特に妊娠中の過剰摂取は注意しましょう。



豆乳に含まれる成分

大豆ペプチドはたんぱく質の分解過程で出来る物質であり、
  アミノ酸がいくつか結合した状態で吸収される。
  体内のエネルギー代謝を高め、体脂肪減少効果をもたらす

大豆サポニンは脂肪や糖質の吸収を遅らせ、
   脂肪吸収を減らしてくれます

大豆イソフラボンで肌もきれいになる
  イソフラボンは大豆胚芽に特に多く含まれるフラボノイドの一種。
  女性ホルモンのエストロゲン(女性らしさや健康に関わる働きをする)と似た
  働きをし骨粗鬆症やガンの予防、更年期障害を軽減してくれます

  骨からカルシウムが溶け出すのを防ぎ、骨密度を維持してくれます
  血液中の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを
  増やしてくれるという働きもします
 
レシチンは血管に付着した悪玉コレステロールを減少させる
  働きがあります

オリゴ糖は腸内細菌のビフィズス菌や乳酸菌を増やすための
  栄養源になります

フィチン酸は活性酸素から細胞を守ってくれガンになるのを
  抑制してくれる働きを持ちます


豆乳は一日3回、食事前に飲むと効果的です
便秘解消にも効果があります



Page Top



この改行は必要→