骨盤矯正ダイエット




骨盤がゆがみは 肩こりや腰痛、生理痛など身体にさまざまな悪影響を及ぼすだけでなく、 代謝が下がる、冷え性などダイエットしても痩せにくく太りやすいといった影響となってあらわれます。

体の骨は筋肉によって支えられています。
骨盤も筋肉によって、通常は正常な位置に保たれているのですが、日々の生活で骨盤がゆがんでしまう要因は多いものです

骨盤のゆがむ原因としては
いつも同じ方の手で荷物鞄を持ったいたり 長時間のデスクワーク
座っている時に、いつも同じ足の組み方をしている
普段の姿勢が悪い
前傾姿勢で背中を丸めて座っていることが多い
寝ている時はいつも同じ方向を向いて寝ている
何かを食べる時は、いつも片方の歯でばかり噛んでいる
いつもヒールを履いている
体をあった下着ではなく、いつも締め付けられている
運動不足や老化により筋肉(筋力)が低下している
身体(筋肉)が硬い
仕事でストレスを感じることが多い
出産
など、あらゆる場面で骨盤をゆがませる要因は存在しているのです。

骨盤は周辺にある多くの筋肉により支えられていますが、特に背骨と太ももをつなぐ大腰筋は骨盤にとって重要な役割を果たします。
大要筋を含む筋肉群が上記にあげた理由により、部分的に弱ってしまったり、筋肉のバランスが崩れてしまうことで骨盤が傾いてしまい、それが骨盤のゆがみとなって表れるのです。

骨盤のゆがむ原因は、いつも楽な姿勢でいたいとの思いから無意識に体に負担がこない姿勢を選択してしまうこと。
楽な姿勢でいることが骨盤をゆがませてしまう原因であって、筋肉を極力使わないでいることが筋肉を衰えさせ、結果的に代謝を下げてしまうことから太り易い体質を作ってしまいます。

骨盤のゆがみは、ダイエットしても痩せにくいという原因にもなっているのです。
骨盤がゆがんでしまうことで血流が悪くなりますが、それにより血液の流れによって体外へ排出されるはずの老廃物が体内に溜まってしまうことで冷え性や肩こり、疲労などの症状が現れる原因になっています。
骨盤のゆがみを直すには、大要筋や腹斜筋をはじめとする骨盤周辺の筋肉バランスを保つ必要があります。

骨盤のゆがみを直すためのエクササイズを紹介します。

骨盤のゆがみを解消するためのエクササイズ@




骨盤のゆがみを解消するためのエクササイズA
骨盤のゆがみが解消すれば見た目もスタイリッシュに変身!
骨盤矯正ダイエットは痩せるだけでなく、体調も良くなります!


骨盤のゆがみをチェックしてみましょう!

骨盤のゆがみは体全身に影響を与えてしまいますが、
簡単にチェックできる方法がありますので骨盤(下半身)のゆがみチェックしてみましょう。

骨盤のゆがみ、チェックの仕方
骨盤のゆがみをチェックする方法床に、それぞれ縦方向と横方向40センチくらいの長さのテープを 十字になるように貼り付けます。
その中心に立ち、目をつぶって十字の中心から離れないようその場で30回の足踏みをします。
終わったら目を開けて、最初の位置からどれだけ離れたかをチェックします。
中心から大きく離れるほど、筋肉バランスが崩れているということで、骨盤のゆがみ方も大きいということになります。

骨盤のゆがみ結果
あまりズレなかった!
筋肉のバランスはあまり問題ありませんが、ズレた方向により、どんな傾向があるのかは頭に入れておきましょう

前にズレた!
体が前傾気味で猫背の傾向あり。
肩こりも起きやすいので気をつけましょう


左にズレた!
左に重心がかかっており体が左側に傾く傾向があります。
腰痛が起こり易いので気をつけましょう


右にズレた!
右に重心がかかっており体が右側に傾く傾向があります。
やはり腰痛が起こり易いので気をつけましょう

左右にズレた人は筋肉がアンバランスで骨盤にゆがみ生じやすいよ。


後ろにズレた!
腰が後ろに下がり気味のいわゆるへっぴり腰傾向でおしりもヒップも下がりやすいよ。 骨盤にゆがみのある人は筋肉がアンバランスになっていますので早い時期に改善の必要があります。 定期的に骨盤のゆがみをチェックしてみるようにしましょう!




Page Top



この改行は必要→