ペットも脱メタボ!




ペットも「脱メタボ」という記事が載っていました
餌の与えすぎや運動不足でペットの世界でもメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)が広まる中、秋田県農林水産技術センターが酒造会社の秋田銘醸(湯沢市)と協力し、メタボ対策に効果があるペットフードを開発した。

主原料は米ぬかで、血中のコレステロール、内臓脂肪値を減らす効果が確認できたという。
試作したのはドライフードで、センターと秋田銘醸が2003年に共同で開発した「米ぬか発酵素材」を原料にする。
同素材は、米ぬかに乳酸菌を加え、米ぬかのグルタミン酸を発酵させる。
血圧を下げる効果があるとされるギャバ(γ―アミノ酪酸)を含む液体が抽出でき、同社などがこの液体を使って清酒や菓子などの商品を生み出してきた。

センターは昨年11月から今年5月にかけ、ギャバを含む液体だけでなく、米ぬか発酵素材そのものをマウスに食べさせた。
3週間、高脂肪食だけを与えたマウスと、高脂肪食と発酵素材を与えたマウスを比べた結果、後者の血中コレステロールが約4割、内臓脂肪が約2割低かったという。
センターなどは今後、メタボ予防効果をもたらす成分の解明を進めるとともに、犬を使っての効果を確認する。
食品展示会などで試作品をPRしながら、商品化を目指す方針だ。

同センター総合研究所の主任研究員畠恵司さん(43)は「従来のダイエット商品はカロリーオフが中心だが、米ぬか発酵素材を使えば、カロリー値を変えずにメタボ予防が期待できる。
研究を進め、将来的には脂質代謝を促す人間用のサプリメントもつくりたい」と話している。




ペットのメタボ対策
アニコム損害保険株式会社が、ペットのメタボ対策について調査を実施し、その結果を発表した。(2008/10/17) 調査によると、ペットの体型をちょうど良いと感じている回答が最も多く、全体の54.0% 次に多かったのが太り気味で、35.8%

現在もしくは過去にペットのダイエットに取り組んだ経験は?

一番多かったのが「したことがない」で46.1%
現在している34.0%
過去にしたことがある19.9% を合計すると、半数以上がダイエットの経験があることがわかった。

また、取り組んだダイエットの方法では、多かった順に
食事の内容や与え方を変えた160人
おやつの与え方を変えた75人
運動の頻度や時間を変えた39人 という結果になった。



おやつやおもちゃを使ってしつける方法は間違っています。
ダメ犬しつけ王選手権優勝の森田誠が教える愛情と信頼関係で犬をしつける方法をお教えします。

Page Top



この改行は必要→