カルシウム・鉄




カルシウム
骨粗鬆症予防のためにも丈夫な骨を作りたいとカルシウムのサプリメントを使う人も増えています。

カルシウムの99パーセントは体内の骨や歯に存在し、残りの1パーセントが血液中や細胞内に存在して心臓や筋肉の収縮、血液の凝固、ホルモン分泌などに関わっています。

血液中のカルシウム濃度が低くなると、副甲状腺ホルモンやビタミンDが働き、骨からカルシウムを溶かし出したり、カルシウムの吸収力を高める、尿に排出されるカルシウムの量を減らすなど血中濃度を一定に保とうとします。
しかしカルシウムの血中濃度が低い状態が長く続くと、骨から溶け出すカルシウムの量も増えることで、骨がもろくなってしまいます。

骨は固いため、一度形成されると変化しないような思われがちですが、常に新しい骨が形成され古い骨はカルシウムとして吸収されるなど、活発に新陳代謝が行われています。

骨粗しょう症は、この新陳代謝がバランスよく行なわれなくなり、骨の形成が骨の吸収に追いつかなくなることが原因で骨の量が減少することで起こります。
しかし、だからと言ってカルシウムを多く摂取すれば良いのか?という訳でもありません。

骨粗しょう症治療のために医者から処方された薬に加えて、カルシウムのサプリメントなどを余計に摂ってしまうと、高カルシウム血症を引き起こすこともありますので気をつける必要があります。

高カルシウム血症の症状としては、食欲不振、皮膚のかゆみ、口の渇き、吐き気、便秘などがあります。
カルシウム不足による影響で、普段からカルシウムを積極的に摂取しようと心がけている人も多いと思いますが、骨粗鬆症になりにくい体を作るためにも、食事のバランスや運動を取り入れて、しっかりとした骨を作るよう心がけましょう。

カルシウムは骨の形成だけでなく、精神を安定させる働きもありますので、ストレスを感じやすい場合にも積極的に摂取したいサプリメントです。



体に存在する鉄のうち、7割は血液中に存在し酸素を体中に運ぶ役割を果たし、
残りの3割は肝臓や筋肉などに貯蔵されています。

この貯蔵のおかげで、鉄が不足してもすぐには貧血の症状が出ることはありません。

朝礼中に倒れたり、立ちくらみ、顔色が悪いなどの症状は貧血により起きていますが、これらの症状は脳への血液供給量が低下したときに起こる一時的な「脳貧血」です。

貧血としての症状としては、手足の冷えや痺れ、頭痛、息切れ、疲労、動悸などがありますが、これらの症状が出た時には体内の鉄がかなり減ってしまっているということになります。

鉄が含まれる食品には、
動物性のレバーやアサリと植物性の豆、ほうれん草、ひじきなどがありますが、
動物性に含まれるヘム鉄は、植物性に多く含まれる非ヘム鉄と比べて鉄分の吸収が早く行われます。

しかし、非ヘム鉄もビタミンCやクエン酸、タンパク質と一緒に摂ると吸収されやすくなりますので組み合わせて飲むようにしましょう。




Page Top



この改行は必要→