グルコサミンとキチン・キトサン




グルコサミン
膝などの関節の痛みをやわらげる成分としてグルコサミンはよく知られています。

グルコサミンは、グルコースとグルタミンを原料として体の中でも作られる成分ですが、
年齢を経るに従って体内で作られるグルコサミンの量も減ってきてしまいます。

グルコサミンは、軟骨を構成する大切な成分であり、グルコサミンの量が減ってしまうことで軟骨のクッション性が保たれなくなり、膝や関節の痛みとなって表れます。

膝に痛みがある人がグルコサミンを飲み続けることで痛みが和らいだとの話も聞きますので、サプリメントを利用するのもよい方法だと思いますし、口から摂取したグルコサミンは比較的速く吸収されるため、効果も早く実感できるようです。

グルコサミンは、ヒアルロン酸やコンドロイチンなどの原料になります。

グルコサミンのサプリメントは、カニなどの甲殻類から得たキチンに酸を加えて加水分解して作られたものと、植物を原料としたものがありますがますが、甲殻類アレルギーのある人は、成分表示をよく確認するようにしてください

キチン・キトサン
キチンはカニやエビなどの甲殻類の固い甲殻部分に含まれている成分であり、キトサンはそれを工業的に加工したものです。

キチン・キトサンは水に溶けにくい食物繊維で、消化されにくいという性質を持っているため、そのままの状態で腸に届き、腸壁を刺激したり老廃物を取り込んで排便を促す効果があるため便秘の解消に役立ちます。

また、キトサンはコレステロールの上昇を防ぐ働きがあります。



Page Top



この改行は必要→