ビタミンB群が不足すると




ビタミンにはA、B、C、D、E、K、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンがありますが、
ビタミンBはB1、B2、B6、B12に分かれています。

ここでは、ビタミンB群について説明したいと思います。
ビタミンB1
ビタミンB1は、炭水化物(糖)の代謝に関係してエネルギーを生み出す働きがあると言われています。

不足すると疲れやすくなったり、なかなか疲れがとれないなどの症状となって表れるのは、ビタミンB1が筋肉や神経の働きを維持する役割を持っているからです。

ビタミンB1は、アリシンと一緒に摂ると吸収されやすくなりますので、ビタミンB1を多く含む豚肉などを食べる時には、アリシンを含むネギやニンニク、ニラなどを一緒に調理するのが理想的です。

ビタミンB2
ビタミンB2は、皮膚や粘膜の健康を保つ役割を果たしてくれますが、
不足すると口内炎や舌炎などのように炎症がおきやすくなります。

サプリメントを飲んでいて尿が黄色くのなるのは、このビタミンB2の影響です。

ビタミンB6
ビタミンB6は、タンパク質の代謝を助けする働きがあり、
髪の毛や皮膚、粘膜を健康に保つ働きをしています。

不足した場合、B2と同じように口内炎や口角炎、肌荒れや手足のしびれなどが起こることもあります。  
ビタミンB12
ビタミンB12は、葉酸と一緒に働いて血液を造る手助けをするビタミンです。

ビタミンB12は動物性の食品にしか含まれていないため、菜食主義の人に不足しがちになり、
お酒やタバコ、コーヒーなどの摂取量が多いと吸収率が悪くなり不足しがちになります。

不足すると、めまいや倦怠感、、手足のしびれなどの症状も見られるようになってしまいます。

ビタミンB群などの水溶性ビタミンは、余分に摂り過ぎた分は排出されてしまいますので
摂り過ぎの心配はありません。



Page Top



この改行は必要→