ビタミンDの重要性




丈夫な骨をつくるために牛乳を飲んだり、カルシウムのサプリメントなどを毎日欠かさず飲んでいるという人も多いと思います。
特に、成長期のお子さんがいる家庭や骨粗しょう症予防を目的として、家族で摂れことを目的にファミリーサイズボトルのサプリメントを常備している家庭もあるかと思います。

骨を強くするためにはカルシウムの補給が大切だということは多くの人が知っているでしょうが、
摂取したカルシウムが体の中で骨や歯として形成されるために、ビタミンDが不可欠であるということを知らない人が多いようです。

ビタミンDは、腸でカルシウムの吸収を助け、筋肉中のカルシウムが不足すれば骨からカルシウムを取り出すなどして、血中濃度を一定にする働きがあります。

ビタミンDは、日常生活で紫外線を浴びることで体内で合成されます。

ビタミンDが乾燥したキノコ類に多く含まれているのも、日干しにすることで紫外線を浴びたことによる影響によるものだと思われます。

ビタミンDが不足すると、子供ではくる病、大人では骨軟化症が起こり骨粗しょう症や骨折のリスクが高まると言われています。
また、過剰に摂取した場合は吐き気、嘔吐、食欲不振、便秘、虚弱、体重減少などが起こることがあります。

丈夫な骨や歯を作るためには、カルシウムとビタミンDも一緒に摂ることが大切です。



Page Top



この改行は必要→