ビタミンEの抗酸化作用




ビタミンEは、肌の老化や動脈硬化を招く原因とされる体内の脂肪が酸化してできる有害物質の過酸化脂質を防ぐ働きがあります。
ビタミンEには、酸化反応を進行させない抗酸化作用があるということです。

これ以外の効果としては血行を促進する、ホルモンの分泌量を調整する働きも持っていますが、ビタミンEはサプリメントとしてだけでなく、肩こりや腰痛、手足の冷えを解消するための医薬品としても使われています。

手足の冷えを改善する目的でビタミンEを飲んでいた人の中には、いつもより生理が早く来たなどの影響も見られますが、これもビタミンEのホルモン調整作用による影響と思われます。

ビタミンEは生理不順や更年期症状を緩和するためにも用いられていますので、生理が通常より早く来ても特に心配ないのですが、生理期間が長引いたり、出血量が多くなったなどという場合には医師に相談されるようにしてください。

ビタミンEは、一般の食材にも含まれており野菜類や海藻類、動物油や植物油などにも多く含まれていますが、摂り過ぎによる副作用はないと言われています。
その理由として、体の中に必要量のビタミンEがある場合には、それを超えて吸収されることがないからだと考えられています。

ただし、サプリメントでビタミンEを摂取する場合は表示された量を守って摂取されることをお勧めします。

ビタミンEは、ビタミンCと一緒に摂ることで、抗酸化作用をより強くすることができます。



Page Top



この改行は必要→