ビタミンAの効果と副作用




目が乾く、目が疲れ易い、肌荒れや髪がぱさつくなどの症状があらわれたときは、
ビタミンAが不足している可能性があります。

光が眩しく感じられたり、暗い場所だと視点が合いづらいなどという症状は、
ロドプシンという目の網膜にある光の明暗や色を識別する物質がビタミンAで主に構成されていることから、ビタミンA不足が原因で起きていると考えられます。

また肌荒れは、皮膚や粘膜を健康に保つ働きをしているビタミンAが不足することで、
表面が固くなり、潤いがなくなってしまうことで起きています。

ビタミンA不足の影響が消化器系まで達すると慢性的な下痢が続いたり、
風邪を引きやすくなるなどの影響も起こってしまいます。

粘膜は病原菌を体に入れないようにする役割も果たしているので、ビタミンAが不足することでガンが発生しやすくなるというリスクもあります。

ビタミンAは、サプリメントで摂取しなくても身近にある食品で十分に摂取することができ、
うなぎの蒲焼だと半分程度、
豚レバーだと45グラム、
ニンジンの場合は1本の1/5程度
で一日に必要な量を摂取することができます。

ビタミンAには、動物性食品に含まれる脂溶性のレチノールと、
緑黄色野菜に含まれるβカロチンとがありますが、
動物性のビタミンAは大量にとり過ぎると肝臓に貯蔵されて副作用をおこすおそれがありますので、
サプリメントを飲む場合には摂り過ぎにならないよう気をつける必要があります。

妊娠期前後の女性は特に気をつけるようにしましょう。



Page Top



この改行は必要→